【タイ人】訪日タイ人観光客へインタビュー


日本に2回目の観光のTHONGKAMONさん(32才)と奥様のSUTTCHAさん(32才)

日本に2回目の観光のTHONGKAMONさん(32才)と奥様のSUTTCHAさん(32才)

【訪日タイ人観光客へインタビュー】

ご主人:THONGKAMONさん(32才)
奥様:SUTTCHAさん(32才)

Q.何故ソンクラン(旧正月)の時期に日本に来たのですか?

A.夫婦でバンコクで自営業をしています。休みを取れるのが毎年この時期しかありません。それから昨日(4月13日)は主人の誕生日なので、毎年お祝いも兼ねて2人で旅行をしています。いま妊娠しているので来年は家族3人で日本に来たいと思います。

Q.日本国内では連絡方法はどうしていますか?

A.LINEです。LINEのVIDEOや電話機能を使います。

Q.タイから日本への旅費は高いと思いますか?

A.去年来たときよりも安くなりました。日本に来る5か月前にチケットを予約しました。ANAの飛行機で一人26,000BATHでした。

Q.今回の来日ではどこへ行きますか?

A.富士山のほうでイチゴ狩り、秋葉原で玩具を買う、お台場に行きます。

Q.日本で何を買いたいですか?

A.人形です。私は自宅に人形のコレクションルームを持っています。今回はキューピーの人形が欲しいです。主人は渋谷でアシックスの「オニツカタイガー」のシューズを買います。

Q.何を食べたいですか?

A.焼肉、寿司、焼き鳥です。細かく言うと、焼肉は和牛で寿司はサーモンとカニとうなぎ、焼き鳥はレバーです。

Q.今回の旅行ではいくら持ってきましたか?

A.現金は10万BATHです。それからクレジットカードもあるので、クレジットカードで10万BATH。2人で合計20万BATH使います。

Q.今回は何回目の来日ですか?

A.2回目です。

Q.また日本に来たいですか?

A.もちろんです!来年も来ます。

Q.今度はどこに行きたいですか?

A.北海道、札幌、京都、名古屋です。

(2015年4月14日 文・写真/訪日タイ人観光センター 電話03-5358-7895)


シェアしてタイ情報を拡散

ABOUTこの記事をかいた人

遠藤誠。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。最近はタイのワイナリーを通して自然と人間の関わり方に興味を持っている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。