【速報】タイ業界へのGoogleモバイル フレンドリー アップデートの影響


タイ料理ソフトシェルクラブ
【ホームページで来店が多いタイ業界の皆さまへ】

2015年4月21日より、Google は全世界で『モバイル フレンドリー アップデート』を開始しました。これにより、モバイル端末の検索結果で掲載順位の表示の大きな変化が起きました。

小さなスクリーン上でも読みやすいページ、タップやズームなどをしなくてもテキストが読みやすいページ、指でクリックするときの間隔が適切なページ、再生できないコンテンツが含まれていないページ、横方向へのスクロールが発生しないページが検索の上位に表示されやすくなるそうです。

ワイワイタイランドは、2015年1月から上位表示させるためのホームページに取り組みました。ワイワイタイランドでホームページを作ると上位表示が可能になります。今年の1月22日に僕の話を真っ先に取り入れたのは新宿のタイ料理店バーンキラオの福井社長でした。バーンキラオのサイトはレスポンシブデザインで作成しました。

検索ワード「新宿 タイ料理」で検索するとモバイル版の結果は1ページ目は食べログとぐるなびのページが表示するのですが、2ページ目のオリジナルドメイン系の店舗サイトは10件のうち、ワイワイタイランド制作サイトは4つ食い込んでいます。もちろん福井社長のバーンキラオも2ページ目以内に表示しています。その結果、毎日予約が複数来ています。

ホームページは、適切なキーワードで2ページ目までに表示させなければ、狙ったターゲット層に見てもらえません。

ただし、注意することがあります。見られても、内容が閲覧者から見て魅力がなければアウトです。1ページ目の一番上に表示してクリックされて見てもらっても、プーパッポンカリーが6,000円もしていたら来店しにくいからです。

■ワイワイタイランドのホームページ
http://waiwaithailand.com/menu/web_official.html

(2015年4月22日 文・写真/遠藤誠)

遠藤誠プロフィール
タイ王国伝道師。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。


シェアしてタイ情報を拡散

ABOUTこの記事をかいた人

遠藤誠。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。最近はタイのワイナリーを通して自然と人間の関わり方に興味を持っている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。