タイフェスティバル静岡が最高に良い雰囲気の理由


タイフェス静岡2014。

日本全国のタイファンが集まりました。

僕にとっては今年やった日本全国のタイフェス(代々木・大阪・名古屋・仙台・静岡)ナンバー1のタイフェスでした。

0000_thaife
タイフェス東京

村祭り的な感じがたまらないです。

自分が小学生のころを面白いだしました。

チェンカーンやパーイのようにレトロ感が出せたら凄い話題になると思います。

自転車、真空管のアンプ、トランジスタラジオ、ラジカセ、郵便ポスト、レコード、カセットテープ、コーヒー、ペンダントライト。

こういうものを飾ったりして、来年のタイフェス静岡ができたら良いなぁ、と思います。

ステージの音響をやる人まで、みんなタイが大好きなのには驚きました。

PAの人から、「久しぶりにスパンブリー県の地獄寺に行ってみます。」というメールをいただきました。

みなさんタイマニアですね。

タイフェス静岡2014。とっても良かったです。

00000000004_s
タイフェス代々木


社長ブログ ブログランキングへ

遠藤誠
1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。最近はタイのワイナリーを通して自然と人間の関わり方に興味を持っている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。


シェアしてタイ情報を拡散

ABOUTこの記事をかいた人

遠藤誠。愛称エンディ。タイ王国専門ジャーナリスト。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、テレビ、ラジオ、ユーチューブ、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。