美味しいタイ料理店とは


熱帯食堂タイ料理

美味しいタイ料理店はどこですか?と毎日のように聞かれます。

僕は5つ大事なことがあると考えています。

1.食べるメニュー
2.食べる順番
3.一緒に行く人
4.当日近くの席にいる人
5.対応するお店の担当者

看板オーナーや看板娘や看板店長がいる店が安心ですね。

たとえば大阪で、

屋台風でレトロでオススメと聞かれたら『はてな』。

高級感があって仲人さんや恩師や大切な人と行きたいなら『チェディルアン』。

友人や家族と楽しみながら美味しく食べたいなら『熱帯食堂』。

熱帯食堂を例にして話を進めると、

僕が話をする内容は

大阪・高槻の熱帯食堂のトートマンクンが美味しいですよ。

などと熱帯食堂で食べるべきメニューを5品くらい教えます。

「1.食べるメニュー」は大事です。

デザートには「ドイマンゴー(マンゴー山)」や「アイス揚げ」なんていう珍しいメニューもあります、など。

タイ料理の魅力が伝わるメニューを教えます。

このときに「2.食べる順番」も大事です。

まずはトートマンクンでガツン!とやられてもらいます。

今日は来てよかった。参りました!と思ってもらいます。

味を左右するのは「3.一緒に行く人」も大事ですね。

3人以上の場合は、人の組み合わせが大事なんですね。

話が盛り上がると、料理とお酒も美味しくなります。

あとは、その日に偶然一緒になる「4.当日近くの席にいる人」ですね。

騒がしかったり、喫煙したり色々います。

それを避けるには個室を選ぶという方法もあります。

このようなことが美味しいタイ料理店を教えるときに大事だと思います。

▼これが日本一おいしいという人気の海老さつま揚げ

▼『ナムプリックオンと野菜の盛り合わせ(チェンマイ風ミートソースディップ)』
熱帯食堂ナムプリックオン

▼『ドイマンゴー(マンゴー山)』
熱帯食堂ドイマンゴー

(2015年11月28日 文・写真/遠藤誠)

遠藤誠プロフィール
タイ王国の伝道師。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。


シェアしてタイ情報を拡散

ABOUTこの記事をかいた人

遠藤誠。愛称エンディ。タイ王国専門ジャーナリスト。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、テレビ、ラジオ、ユーチューブ、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。