【イベント】タイ料理クルンサイアム大井町店でタイ王国ファンクラブ定例会を開催


2016年9月8日(木)19時からタイ料理クルンサイアム大井町店でタイ王国ファンクラブ定例会を開催しました。

■タイ王国ファンクラブ
http://www.thaiokokufanclub.com/

<飲食店関係の参加者をご紹介>
飲食店関係での参加者は、タイフェス常連の我らのピーナッツ食堂の内山太郎さん、相模大野のタイ料理ソイガパオの篠原さま、中野ブロードウェイ近くにある噂のタイ料理999の荒井さん。そして!湯島のタイ人カフェバー『フェーン』の皆さん。これは凄い顔ぶれです。溝の口にあるコ!ピーピの香苗さん、そしてインド料理店がタイ料理を始めたという2店舗は日本橋のガンジスメコンさん、そしてアジアティークさん。ここにクルンサイアムの川口社長ですから。さらに!タイ国際航空のファーストクラスで食べられるマンゴスチンのシャーベットを輸入している会社が加わり、さらに!You Tuberわっきーが乱入したらどうなるんでしょう?どんなコラボレーションが生まれるのか僕も予想がつかないです。

<タイマッサージ関係の参加者をご紹介>
タイマッサージ関係での参加者は、新潟で2店舗経営している寺尾菜穂子先生、神田で2店舗やっている林社長、代々木で女性一人で頑張ってでいる窪田みどり子先生、立川でオープンしたばかりの吉野さまです。窪田みどり子先生は2017年4月から鍼灸師になるために専門学校への進学が決まりました。大船のレモングラスを経営している妻島先生、中目黒の高野先生も参加が決まりました。

<テーマ>
タイのビジネスを加速させる方法

<タイムスケジュール>
18:15
●開場~来場者の紹介

19:00
●開会の挨拶 安田貴広 
●乾杯 遠藤誠

19:10
●タイ業界ホットニュース
※最近のレストラン事情/詐欺事件/タイフェア京都/タイ人生バンドが見れる御店/You Tubeで集客の方法
●ビジネス会員紹介
●協賛企業紹介

19:45
●シャッフル交流(名刺交換タイム)

第1回目のシャッフル
1.タイ料理、飲料(コーヒー・酒類)
2.観光(射撃・象・乗馬)
3.医療・健康
4.ゴルフ好き

第2回目のシャッフル
1.タイの起業・人材
2.国際結婚
3.建設・不動産関係
4.タイ語・日本語・ボランティア

第3回目のシャッフル
1.マッサージ・美容
2.ビーチ・リゾート
3.IT・製造
4.インバウンド
 
21:15
●泡盛の試飲とプレゼント
●タイの不動産を紹介
●アイスの配布

22:00 閉会の挨拶

▼クルンサイアム大井町店は一軒家スタイルのタイ料理店です。おしゃれです。
016

▼会場の準備はタイ業界の各種プロに協力をしていただきました。
015

▼お土産を袋に詰めている様子です。いつもお土産たっぷりがタイ王国ファンクラブの人気に秘密になっています。
014

▼テーブルの配置がイベント成功のカギですね。全体の集合写真を撮影する場所も事前に決めておきます。
013

▼今回は個室はクロークとして利用しました。
011

▼会場の四隅を上手に使って趣味趣向別に人が集まれるようにしました。
010

▼開場時間の18時15分になると徐々に会場に人が入ってきました。
008

▼みんな初めは初対面です。でもスタートして1時間もすれば、もう仲良しです。タイファンどうしは良いですね!
006

▼タイ料理店のオーナーと製麺工場(製粉工場)の責任者が出会った貴重な瞬間。歴史的なシーンです。
005

▼スタッフのオペレーションが素晴らしいです。料理、ドリンクともに出てくるタイミングが的確でした。
004

▼神奈川県どうしのタイ料理店オーナーが出会いました。これも日本のタイ料理史上に残るシーンですね。
003

▼クルンサイアムのタイ人コックさんの作るタイ料理は今夜も最高でした。定例会に参加した皆さん大満足!
002

▼今日も良い会になりました。みなさんお疲れ様でした!
001

▼全員で集合写真を撮影しました
タイ王国ファンクラブ

■タイ王国ファンクラブへの入会はこちらから
http://www.thaiokokufanclub.com/entry.html

■次回のタイ王国ファンクラブの参加申し込みはこちらから
https://pro.form-mailer.jp/fms/dc01bce897796

(2016年9月10日 文・写真/遠藤誠)

遠藤誠プロフィール
タイ専門コンサルタント。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。


シェアしてタイ情報を拡散

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

遠藤誠。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。最近はタイのワイナリーを通して自然と人間の関わり方に興味を持っている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。