【考え方】タイマッサージ店の料金メニュー工夫の方法は?


茨城タイマッサージ

茨城タイマッサージ

タイマッサージ店の料金メニュー

マッサージ時間の最長のものが130分になっています。

メニューにないものはお客さんは注文しないんです。

よくマッサージ店のメニューで延長30分ごと2,500円とか書いてありますが、

あれは良くないです。

最初から長い時間のコースを書いておいたほうが良いです。

たいして紙上のスペースは使わないのだから。

たった3行くらい。

120分 11,000円

180分 14,000円

240分 18,000円

とか。

240分っていうのは4時間なのですが、注文するお客様が時々いるんです。

僕の担当している新宿とか田町のタイマッサージ店は240分コースがよく出ています。

ワイワイタイランドの社内の朝のミーティングで成功店の事例を話していますが、

それを活かしていない担当者が社内にはまだまだ多いです。

メニューには240分くらいまでの長い時間の料金をしっかり書いたほうがいい。

メニューにないものはお客さんは注文しない。

売上を伸ばすためには必要です。

ワイワイタイランドの社員のみなさま、もっとしっかりしよう。

ちゃんと自分の担当のお店を守っていこう。

僕は人に教えるのが、、、、できない。ダメだなぁ。

自分で全部やるしかないな。


社長ブログ ブログランキングへ

遠藤誠
1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。最近はタイのワイナリーを通して自然と人間の関わり方に興味を持っている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。


シェアしてタイ情報を拡散

ABOUTこの記事をかいた人

遠藤誠。愛称エンディ。タイ王国専門ジャーナリスト。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、テレビ、ラジオ、ユーチューブ、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。