【頭のなか】ワイワイタイランドの伝達力・集客力あるホームページの威力


いまの時代はホームページを4つ5つ持つことが常識になっています。ホームページを作ることはインターネットの世界に看板を出すことです。

西暦2005年くらいまでは、お店の宣伝をするならテレビ、ラジオ、新聞、雑誌でした。しかし、それらに広告を出すのには数十万円単位のお金がかかりました。

しかし!今は自分のお店や自分の会社の宣伝をインターネットで手軽にお金も安く、早く出せるようになったのです。

ただし!いつの時代でもそうなのですが、条件は皆さん同じです。手軽に安く早く広告が出せるようになったのは、皆さん同じなのです。

ここで必要になってくるのは知恵です。

いかに気づいてもらい、見てもらうかがとても重要です。

料理店の場合は味が美味しいだけではお客様にお店に来ていただくことが難しくなっているのです。

なので、気づいてもらえて、見てもらえるインターネット上の作戦が必要なのです。

ワイワイタイランドと一緒に見てもらえる看板をインターネット上に出して、テレビよりもラジオよりも目立って集客をしていきましょう。

<このホームページの特徴・成果>
①タイが大好きな人が見ている
タイが好きな人がブックマークに入れて常にチェックしていたり、『タイ料理+エリア』『タイマッサージ+エリア』などでタイを目的に検索して見ているので、値段や場所はあまり関係なく、個性のあるお店ならばファンが来店してくれます。クーポン目的ではないので、お店のスタッフさんやオーナーさんとタイ話で盛り上がればリピーターになりやすいです。

②払った以上の売り上げになっている
払っている金額以上の金額の売上になっているお店がほとんどです。月額にすると4,000円です。

<クーポン持参の来店数> ※2017年7月調査
タイ料理店 平均 月6.5枚
タイマッサージ店 平均 月4枚
タイパブ 平均 月5枚

<人気のお店はやっています>
タイ料理・・・クルンサイアム(東京)、バーンキラオ(東京)、熱帯食堂(大阪)
タイパブ・・・ベンジャロン(東京)、ミスサイアム(大阪)、サワディーカー(大阪)

客単価が2,000円のおタイ料理店なら最低でも13,000円は売上になります。タイ料理店の場合はクーポンを持って一人で来店するお客様は稀なので実際は13,000円以上の売上になっていると思われます。

ワイワイタイランドが作る知恵が詰まったホームページはコレです

ワイワイWEB+ユーチューブ コース

テキスト・写真を送信するフォーム

http://www.waiwaithailand.com/contact04

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村

(2019年10月12日 文・写真/遠藤誠)

エンディ・タイランド(本名:遠藤誠)は実在のタイ王国専門ジャーナリスト。愛称はエンディ。活動はユーチューブや月刊ワイワイタイランドの『エンディ・タイランド』で見ることができる。『エンディ・タイランド』のテーマは、タイ王国に関する企業活動、芸術・スポーツ・料理・マッサージなど文化活動、最新テクノロジー、ミステリー、自然災害、果ては超常現象など。実況調やロードムービー調やコメディ調のスタイルでタイファン、タイ業界関係者、タイ人とその配偶者の日本人の皆さまに役立つ情報を伝えている。タイ料理の食レポのほか、ニュース性に富んだ情報を盛り込むジャーナリスティックな内容なので、巷間ではここからタイ情勢を勉強できると言われることもある。ユーチューブや月刊ワイワイタイランドに登場する人物・団体・名称等は実在のもの。出来事はすべてノンフィクションである。

<連絡・問い合わせ>
—————————————
社名:ワイワイタイランド
場所:東京都渋谷区代々木3-28-1
経路:https://goo.gl/9f26q9
電話:03-5358-7895
予約:http://waiwaithailand.jp/
—————————————


遠藤誠プロフィール写真

シェアしてタイ情報を拡散

ABOUTこの記事をかいた人

遠藤誠。愛称エンディ。タイ王国専門ジャーナリスト。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、テレビ、ラジオ、ユーチューブ、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。