トゥクトゥクの運転手には嫌な思いをすることが多いです


TUKTUKトゥクトゥクの運転手には嫌な思いをすることが多いです。

1980年代のバンコクでタクシーの値段交渉が嫌いでした。

いまはバンコクのトゥクトゥクとチェンマイのロッデーンの値段交渉が本当に嫌です。

メーター制度にして欲しいです。

乗る前に料金交渉をして、

降りるときにも「お釣りがない」とか「50BAHTじゃない100BAHTと言った」とか揉める。

違う場所に連れていかれたりも。

僕は安全に目的地まで運んで欲しいだけなんです。

一律料金にするか、料金の根拠を明確にするかしたほうが良いです。

タイ王国が世界のみんなから愛され続けるためにも。

(2015年7月8日 文/遠藤誠)

遠藤誠プロフィール
タイ王国の伝道師。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。


シェアしてタイ情報を拡散

ABOUTこの記事をかいた人

遠藤誠。愛称エンディ。タイ王国専門ジャーナリスト。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、テレビ、ラジオ、ユーチューブ、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。