【考え方】タイに興味を持つ人を増やす穴場の方法


タイ人ニューハーフ

タイの魅力を人々に伝え、タイに興味を持つ人を増やし、タイ王国を繁栄させるために。

今月は『グーグル+(グーグルプラス)』に取り組んでいます。

■遠藤誠のグーグル+
https://plus.google.com/+endomakoto/posts

■ワイワイタイランドのグーグル+
https://plus.google.com/+WaiwaithailandJp/posts

You Tubeと連動していてなかなか面白いと思うようになってきました。

今年の夏タイ観光推奨楽団(音楽・映像・トーク)の講演をしていて、

映像によるタイの魅力のアピール力は凄いと体感しました。

もっと写真や動画を撮影してタイの魅力を人々に伝えたいと思います。

なかなか閲覧者や仲間が少ないと反応も少ないので、

やる気が萎えてしまうものですが

『グーグル+』はグーグルのFACEBOOKのようなものですから

何か起きることを楽しみにしながらやってみます。

もしかしてもう起き始めているかもしれないです。

いまFACEBOOKをやっている人で自分の活動を広めたいひとは『Googoleプラス』は穴場ですよ。

きっと良いことがあります。

写真はパタヤの人気ニューハーフさんです。

(2014年9月15日 文/遠藤誠)

遠藤誠プロフィール
タイ王国の伝道師。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。


シェアしてタイ情報を拡散

ABOUTこの記事をかいた人

遠藤誠。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。最近はタイのワイナリーを通して自然と人間の関わり方に興味を持っている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。