「和民」がタイ料理に特化で大復活


タイ焼きそばパッタイ

タイ焼きそばパッタイ

「和民」がタイ料理に特化で大復活!となってほしい。

僕はワイワイタイランドでタイ人のタイ料理コックさんを集め、

「和民」の全店舗にタイ人の調理人を導入してタイ料理店に変わったほうが良いと思います。

東洋経済オンラインの『ワタミ介護売却へ、その経営危機の深刻度』という記事を見てそう思いました。

他に再生の方法がないなら、

ぜひタイ料理を導入して欲しい。

下記のような記事が2015年末にYahoo!ニュースに出ることを期待します。

「鳥貴族」は、鳥料理に特化することで客数が堅調に推移。「海鮮居酒屋磯丸水産」は、浜焼きのスタイルが広範な世代に支持。「和民」は、タイ料理に特化することで2015年12月の忘年会クリスマスシーズンから復活した。タイ料理を作るタイ人の調理人は株式会社ワイワイタイランド(東京都渋谷区代々木3丁目28番地1号)のタイジョブエージェンシーのサービスを利用したところ、1ヶ月で30名のタイ人調理人の採用が決定した。集中キッチン制も導入してタイ人コックの不在店舗にはタイ料理をデリバリーをすることで全店舗タイ料理店化に成功した。2016年は東京・代々木で開催されるタイフェスティバルに出店を狙っている。

.
(2015年9月19日 文/遠藤誠)



社長ブログ ブログランキングへ

遠藤誠プロフィール
タイ王国の伝道師。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。


シェアしてタイ情報を拡散

ABOUTこの記事をかいた人

遠藤誠。愛称エンディ。タイ王国専門ジャーナリスト。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、テレビ、ラジオ、ユーチューブ、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。