【イベント】Thailand FAN CLUB タイ王国ファンクラブ世界大会 in Bangkok


タイ王国ファンクラブ世界大会 in BANGKOK

【参加予定企業】
<飲食業関係者>
<タイマッサージ関係者>
<不動産関係者>
<ホテル関係者>
<学校・語学関係者>
<人材派遣・紹介関係者>
<農業関係者>
<工業・製造関係者>
<IT関係者>
<デザイン関係者>
<ゴルフ関係者>
<出版関係者>
<メディア関係者>
<旅行・インバウンド関係者>
<スポーツ関係者>
<法律関係者>
<貿易関係者>
<美容・健康関係者>
<医療関係者>
<芸能関係者>
<ベンチャー関係者>
<金融関係者>

【参加するメリット】
タイ国内のタイ人有力者や日本人有力者との人脈を築くことが出来ます。日本及びタイの大手企業の役員との人脈を築くことが出来ます。タイの芸能関係との人脈を築くことが出来ます。

【日時】
2017年1月20日から23日
但し,世界大会の本大会は2017年1月22日に開催

【場所】
Grande Centre Point Terminal 21 Bangkok_Hotel C Floor

【本大会の参加費】
参加者1人・・・1,500バーツ※但し、未成年者とタイ人女性は無料
協賛企業(ブース出展)・・・10万円
ビジネス会員のブース出展代・・・7万円

【内容・スケジュール】
■2017年1月20日(金)
ウェルカムパーティー(決起集会)
スペシャルゲスト:大関正義さん
■時間■
19時00分~
■場所■
バンコク都・アソーク・スクンヴィット・ソイ㉓
レストラン名称:Baan Khanitha (バーン カニタ)
住所:36/1 Soi Sukhumvit 23, Sukhumvit Road Klongtoey Nua, Wattana, Bangkok 10110
電話:02-258-4128

■2017年1月21日(土)
 自由参加型の3つのツアーを準備

<バンコク寺院観光(ランチなし)・・参加費4,500円>
07:30頃 BTSアソーク駅5番出口スカイウォーク集合
08:15頃 ワット・アルン(暁の寺院)*修復工事が行われています
09:00頃 ワット・ポー
09:45頃 エメラルド寺院(ワット・プラケオ)
11:30頃 免税店にて解散

<ダムヌンサドゥアック水上マーケット・・参加費2,800円>
06:45頃 BTS アソーク駅5番出口 スカイウォーク集合
08:30頃 ココナッツファーム見学
09:15~09:30頃 船乗場に到着 エンジン付きボートで水上マーケットへ
09:45~10:00頃 ダムヌンサドゥアック水上マーケット到着 自由行動
11:00頃 ショッピング(1軒)※都合で立ち寄りが無い場合もあります
13:00頃 BTSアソーク駅5番出口スカイウォークにて解散

<アユタヤ観光・・参加費5,000円>
14:00 スクチャイラウンジ集合/出発
15:30頃 アユタヤ着
ワット・ヤイ・チャイ・モンコン/ワット・プラ・マハタート/ヴィハーン・プラ・モンコン・ボピット(外観)/ワット・プラ・スィ・サンペット
17:30 アユタヤ発
19:30頃 ウェスティングランデスクンビットホテルにて解散

■2017年1月22日(日)
世界大会の本大会

14時30分から18時まで
世界大会(名刺交換・懇親会)
タイ国内の有力企業のタイ人経営者,日本国内の有力経営者,タイ国内の日本人駐在員,タイへ進出している企業の関係者、タイ料理関係者、タイマッサージ関係者、タイスパ関係者、リゾート経営者、タイのホテル関係者を招聘した交流会
 
<参加費>1名1,500バーツ※但し、未成年者とタイ人女性は無料
<ブース出展>企業10万円/ビジネス会員の企業7万円

■2017年1月23日(月)
 バンコク都内 16時から 閉会式(パーティー)
 参加者を集めた最後のパーティー
 <参加費>1,000バーツ

■お申込み
参加申し込みはこちらから『タイ王国ファンクラブ世界大会 in BANGKOK』と記載してください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/dc01bce897796

■お問い合わせ
ワイワイタイランド
電話03-5358-7895


シェアしてタイ情報を拡散

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

遠藤誠。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。最近はタイのワイナリーを通して自然と人間の関わり方に興味を持っている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。