【タイ料理】世界一美味しいタイのカレーが食べられる店〈東京〉


アメリカのニュースチャンネルCNN(Cable News Network)で2011年に『世界で最も美味な料理ランキング50(World’s 50 most delicious foods) でゲーンマッサマン(南タイカレー)が1位に選ばれました。

ゲーンマッサマンは別名はマッサマンカレーといい、味付けが甘く、ピーナッツとジャガイモを使うのが特徴です。肉は豚肉や牛肉を使うことが多いですが、あのタイで有名な一軒家レストラン「ブルーエレファント」ではオーナーシェフのヌーローさんが羊の肉のマッサマンカレーを作ることで有名です。このCNNの件により、日本国内のタイ料理店のメニューのほとんどにゲーンマッサマンが載ることになりました。

そこで、エンディが思ったことは、なんでゲーンマッサマンが選ばれちゃったのだろう?エンディ的にはゲーンマッサマンよりもゲーンハンレー(北タイカレー)のほうが美味しいと思うのです。このゲーンハンレーですが、日本のタイ料理店ではゲーンハンレーをメニューに掲載している店はほとんど無いのです。

実に残念です。

そこで今回は、美味しいゲーンハンレーが食べられるお店を紹介します。

ラーンナータイ(東京都品川区西五反田7 1-7-1リビオ五反田プラグマGタワーB103 電話03-6431-9224 http://www.waiwaithailand.com/lannathaigotanda)です。こちらのお店では、丁寧に煮込んだトロトロのお肉のゲーンハンレーが食べられます。

【動画】世界一美味しいマッサマンカレーよりも美味しいゲーンハンレー
https://youtu.be/JdUetuOT2lc

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ タイマッサージへ
にほんブログ村

(文・写真/遠藤誠)
2019年10月11日

エンディ・タイランド(本名:遠藤誠)は実在のタイ王国専門ジャーナリスト。愛称はエンディ。活動はユーチューブや月刊ワイワイタイランドの『エンディ・タイランド』で見ることができる。『エンディ・タイランド』のテーマは、タイ王国に関する企業活動、芸術・スポーツ・料理・マッサージなど文化活動、最新テクノロジー、ミステリー、自然災害、果ては超常現象など。実況調やロードムービー調やコメディ調のスタイルでタイファン、タイ業界関係者、タイ人とその配偶者の日本人の皆さまに役立つ情報を伝えている。タイ料理の食レポのほか、ニュース性に富んだ情報を盛り込むジャーナリスティックな内容なので、巷間ではここからタイ情勢を勉強できると言われることもある。ユーチューブや月刊ワイワイタイランドに登場する人物・団体・名称等は実在のもの。出来事はすべてノンフィクションである。

<連絡・問い合わせ>
—————————————
社名:ワイワイタイランド
場所:東京都渋谷区代々木3-28-1
経路:https://goo.gl/9f26q9
電話:03-5358-7895
予約:http://waiwaithailand.jp/
—————————————


ゲーンハンレー

シェアしてタイ情報を拡散

ABOUTこの記事をかいた人

遠藤誠。愛称エンディ。タイ王国専門ジャーナリスト。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、テレビ、ラジオ、ユーチューブ、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。