【タイ事情】おもに日本人男性がタイへ送金する3つの理由とは?


タイ人女性
これが安いタイ送金方法

これが安いタイ送金方法

タイへ送金する簡単・安い方法があります。

僕もよくこの方法を利用しています。

先日、友人から頼まれて国際送金の方法を調べたのですが、

やはりこの方法が簡単で安い方法でした。

https://www.remit.co.jp/cp/waitai/

日本からタイへ国際送金するケースとお金を受け取る人はこのような場合です。

1.日本人男性→タイ人の女性婚約者
※日本人との国際結婚が決まり、ビザが出るまでタイ国内で日本へ行く準備をしているタイ人女性へ送金する場合

2.日本人の両親→日本人学生の子供
※タイへ語学留学している子供さんに学費や生活費を送金する場合

3.日本人男性→タイ人の知人女性
※日本人男性がタイへ仕事や観光で行き知り合い、がんばって働いている知人のタイ人女性に送金する場合

SBIレミットのサービスを使ってタイへ送金する場合、ちょっとお小遣いを1万円送るくらいなら手数料は880円です。

国際結婚の場合、毎月の送金は2万バーツ(7万円)くらいが多いのですが、この場合は手数料は1,480円です。

インターネットで申し込みをして1週間程度で送金開始できるようになります。
https://www.remit.co.jp/cp/waitai/

おすすめです。

3番目の『知人女性』というのが一番多そうですね。

ふふふ、日本人男性は面倒見が良いですね。


社長ブログ ブログランキングへ

 

日本タイ結婚センター

(2015年3月12日 文/遠藤誠)


遠藤誠プロフィール
タイ王国の伝道師。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。


シェアしてタイ情報を拡散

ABOUTこの記事をかいた人

遠藤誠。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。最近はタイのワイナリーを通して自然と人間の関わり方に興味を持っている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。