【考え方】『実行(受注)』されるまでの時間を短縮する方法は?


国王のお誕生日
ワイワイタイランドってなんですか?

駅、旅行会社、区役所。いろいろなところで聞かれる。

・遊園地の名前ですか?
・雑誌を作っている会社ですよね
・ホームページも作れるんですか!
・バンコクタイムズという新聞を作っている会社と何か関係あるんですか?

名前を知られていなかったり、

役割を知られていない場合には、

説明→信用→実行(受注)

というように、『実行(受注)』されるまでに時間かかる。

この説明というものに手間を惜しんではいけないし、信用されるまで下積み体験をすることも大切。

『実行(受注)』されるまでの時間を短縮する方法はあるだろうか?

ワイワイタイランドの場合は、

「この目的」で

「このようなこと」を

「こういう意気込み」で

やっているということを知らせする事だと思います。

まだまだ全然足りていないです。

ワイワイタイランドとは、

日本国民全員をタイファンにして、タイ王国をナンバーワンにしよう!という熱い志を持った者たちが集まったタイ王国の応援団です。

日本人に対しては、タイ古式マッサージ、タイスパ、タイ料理、ムエタイ、タイ舞踏、カービング、タイ語などタイの文化を紹介する活動をしています。

在日のタイ人に対しては、困ったことや悩みを解消してタイ国内と同じような便利さで日本の生活を過ごしていただけるようにサポートしています。

つまり、タイ王国大使館、タイ政府観光庁、タイ国貿易センターの業務を合わせたような事を民間でやっています。

もう少し分かりやすく説明すると、ワイワイタイランドはタイ社会の病院であるともいえます。

営業部、制作部、管理部、広報部のスタッフは言い換えればタイ社会での医者のようなものです。

困っているタイ人やタイ社会に関わる人々の悩みや相談を聞き、それに対して薬であるワイワイタイランドでできることを処方します。

処方する薬というのは、あるときはホームページの制作だったり求人広告だったり、またあるときは料理の値段設定や従業員の雇用問題の指導かもしれません。

そしてその薬は、自分の親や子供に飲ませて安心な最善の薬を選択することを心がけています。

■タイ王国大使館的な要素の業務・・・在日タイ人の相談を聞いたり、悩みを解消する。
■タイ政府観光庁的な要素の業務・・・タイ王国の魅力を日本の人々に紹介しタイ王国に興味を持っていただく。
■タイ国貿易センター的な要素の業務・・・タイ王国に関するビジネスのサポートをする。

このようなことをする応援団なのです。

なので、

このことがまだまだ知られていない以上、

もっと『実行(受注)』するまでを早めるためにも

ワイワイタイランドがどこの誰なのかの周知活動が大切なのです。

『実行(受注)』されるまでの時間を短縮する方法は、

これでもか!という程の周知活動によって、事前に自分自身を知ってもらっておくことです。

(2009年3月15日 文・写真/遠藤誠)

遠藤誠プロフィール
タイ王国の伝道師。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。

月刊ワイワイタイランドの情報はコチラをクリック

http://www.fujisan.co.jp/product/1281680460/
月刊ワイワイタイランドwaiwai183


シェアしてタイ情報を拡散

ABOUTこの記事をかいた人

遠藤誠。愛称エンディ。タイ王国専門ジャーナリスト。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、テレビ、ラジオ、ユーチューブ、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。