【タイ事情】タイ国内で一番危ないといわれている県は?


ヤラー県のタイ式やきそば

2014年9月22日と23日にタイ王国ヤラー県を訪問しました。

「危ない行かないで!行ったら怒るよ」とタイ料理サビアンタイのヌン姉さんから言われたり、

「え!ほんと行くですか。気をつけて」とタイ料理クンメーのヨンユットさんに言われたり、

誰からも「止めたほうが、、、」と言われた僕のヤラー県訪問ですが、

ヤラー県滞在中に危ないことは何もありませんでした。

夜でもバンコクのバンスー周辺やノンカイ県のメコン川あたりと変わりません。人々は食事をしたりお茶をしたり。

ヤラー県の人々

ヤラー県の人々

ヤラー県 遠藤誠の旅

ヤラー県 遠藤誠の旅

ヤラー県の料理店を経営する家族

ヤラー県の料理店を経営する家族

20時過ぎでも子供たちが川沿いの公民館みたいなところで静かに遊んでいました。

ヤラー県の夜

これはね。つまり、「噂一人歩きタイプ」「イメージ先行タイプ」だと思いました。

ヤラー県に行く前は、ハーレーに乗った目つきの悪い人々が街を徘徊している。

毎晩銃声が鳴り響き、女の叫び声が聞こえる。

「マッドマックス」とか「北斗の拳」みたいな感じ。

全然ちがっていました。

バンコクだって歌舞伎町だって危ない場所はあるし、安全と思われている場所でも危ないことが起こることもあります。

僕は安全に注意しながらソンクラー県とヤラー県をセットにして、又行ってみたいと思いました。

なかなか食べ物も良かったです。

ヤラー県の名物料理

女の人も綺麗だし。

最初は頭巾を被っている女性たちが異様に見えたのですが、2日目にはもう慣れちゃって。

LINEのアドレスを入れた名刺を渡したら、LINEの友達がヤラー県の女性ばかりになってしまいました。

話が逸れましたが、

月刊ワイワイタイランド2014年11月10日号は「ヤラー県特集」です。出来上がったものを持ってヤラー市長に届けたいと思いました。

タイ国内で一番危ないといわれている県は?

ヤラー県ではありませんでした。

(2014年9月28日 文/遠藤誠)

怒りの遠藤誠の署名サイン

怒りの遠藤誠の署名サイン


シェアしてタイ情報を拡散

ABOUTこの記事をかいた人

遠藤誠。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。最近はタイのワイナリーを通して自然と人間の関わり方に興味を持っている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。