【頭のなか】さよならアマチュアさよなら素人


ダメ社員

モチベーションアップ株式会社さんからきたfaxを読んだ。

いい事が書いてある。

なるほど~。

なるほど~。

当たり前の事ですが、やってない人が多い。

俺は遅れる者とは一緒には出来ないな。

なるべく一緒にやりたくないよ。

あとは病欠する人ともやりたくないな。

バンドの練習でもそうだった。

ベースの奴が休むと練習にならないんだ。

遅刻してくると、それだけで他のメンバーのテンションが落ちる。

きちんとバンドの練習時間に遅れないで来ている人が、遅れる者のマイクスタンドのセッティングまでやることになるのだから。

これが続くとよろしくない雰囲気になる。

あまり人のことは気にしないで、自分は自分のできることをしっかりやれば良いんだろうけど。

持ちつ持たれつ、なんていう言葉もあるから。

でも、ところが、しかし!

一緒に組むメンバーは大事だと思う。

バンドも会社も同じ。

だから最近は、なるべく一人でできるようにしている。

頼ると思うと腹が立つから。

遅刻したり病欠する人は、頭数に入れていない。

いない者と思っている。

頭数に入れたり、あてにすると予定が狂うから。

だったら最初から頭数に入れておかないほうが良い。

そのほうが、やっていただいたときには不思議と感謝の気持ちさえ湧いてくる。

精神的にとても良い。

これ以上もうアマチュアは要らない。

さよならアマチュア。

俺は行くよ。

それでは また!

Keep on Feeling!

(2013年11月03日 文・写真/遠藤誠)

エンディ・タイランド(本名:遠藤誠)は実在のタイ王国専門ジャーナリスト。愛称はエンディ。活動はユーチューブや月刊ワイワイタイランドの『エンディ・タイランド』で見ることができる。『エンディ・タイランド』のテーマは、タイ王国に関する企業活動、芸術・スポーツ・料理・マッサージなど文化活動、最新テクノロジー、ミステリー、自然災害、果ては超常現象など。実況調やロードムービー調やコメディ調のスタイルでタイファン、タイ業界関係者、タイ人とその配偶者の日本人の皆さまに役立つ情報を伝えている。タイ料理の食レポのほか、ニュース性に富んだ情報を盛り込むジャーナリスティックな内容なので、巷間ではここからタイ情勢を勉強できると言われることもある。ユーチューブや月刊ワイワイタイランドに登場する人物・団体・名称等は実在のもの。出来事はすべてノンフィクションである。

<連絡・問い合わせ>
—————————————
社名:ワイワイタイランド
場所:東京都渋谷区代々木3-28-1
経路:https://goo.gl/9f26q9
電話:03-5358-7895
予約:http://waiwaithailand.jp/
—————————————
月刊ワイワイタイランドの情報はコチラをクリック

http://www.fujisan.co.jp/product/1281680460/
月刊ワイワイタイランドwaiwai183


シェアしてタイ情報を拡散

ABOUTこの記事をかいた人

遠藤誠。愛称エンディ。タイ王国専門ジャーナリスト。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、テレビ、ラジオ、ユーチューブ、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。