【考え方】タイフェスに人を集める方法


Thaifes_top2

<タイフェスに人を集める方法>

こんにちは。ワイワイタイランドの遠藤誠です。

僕は情報を伝えることが仕事です。

タイの情報を伝えることを29年やっています。

西暦2000年からはインターネット、2005年あたりからはSNSで情報を伝えることが多くなってきましたが、

情報を伝える手段としてメルマガ(メールマガジン)はまだまだ有効です。

いま使っているメルマガ配信システムは、

『エキスパ』というものなんですが、

このシステム、便利です。
https://ex-pa.jp/et/1hk/d

ポイント機能や、ファイル添付、写真添付機能もあります。

タイマッサージ店やタイ料理店などのお店をやっている方とか、

もちろん個人の方でも活用できます。

実際に、タイ料理バーンキラオさんのメールマガジンは僕が『エキスパ』を利用して毎月1回配信しています。そこから予約が複数入っています。

■エキスパ
https://ex-pa.jp/et/1hk/d

他に活用している例としては、

知らない人がいないくらいになったタイフェス代々木、タイフェア渋谷、タイ王国ファン交流会、タイ語カフェバーの案内も全部エキスパを使ってやっています。

人々に情報を伝える方法としては有力なシステムです。

利用料金は毎月1,970円でスタートできます。僕の場合は1万通程度のメルマガを月6本くらい配信していますが、月4,500円です。

まずは、『エキスパ』を使ってみることを

オススメします。
https://ex-pa.jp/et/1hk/d

(2016年8月6日 文・写真/遠藤誠)

遠藤誠プロフィール
タイ専門コンサルタント。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。


ABOUTこの記事をかいた人

遠藤誠。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。最近はタイのワイナリーを通して自然と人間の関わり方に興味を持っている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。