【タイ料理ニュース】日本のタイ料理店は1,600軒を越えました


日本にあるタイ料理店は1,600軒を越えました ※2016年12月

年々タイ料理店の開店が増えています。

タイ料理店の開店のときに必要なのはタイ人コックさんです。

僕は月刊ワイワイタイランド、月刊バンコクタイムズという紙媒体とインターネットを活用してタイ人コックさんを集めることを手伝っています。

2016年12月は沖縄、大阪、京都、東京・門前仲町、東京・千歳烏山、東京・お台場でタイ人コックさんを集めています。

▼2017年1月オープン予定の沖縄県のタイ料理店でタイ人コック募集

▼2017年1月オープン予定の東京・門前仲町のタイ料理店でタイ人コック募集

▼大阪・京都のタイ料理店でタイ人コック募集

▼東京・千歳烏山のタイ料理店でタイ人コック募集

▼東京・お台場のタイ料理店でタイ人コック募集

 

さらに12月はまだまだこれから新潟のタイ料理店と東京・渋谷のタイ料理店でタイ人コックさんの募集を開始します。

タイ料理店の開業ラッシュは続きます。

タイ料理業界は勢いがあって良いですね!

タイ人のコックさんやタイ人のホールスタッフを集めるには

タイ人のコックさんやタイ人のホールスタッフさんは『ワイワイタイランド求人プラン』24万円で3、4人くらいは1週間程度で集められます。

■ワイワイタイランド求人プラン
http://www.waiwaithailand.com/menu/kyujinplan8.html

1ヶ月で20人以上採用した事例もあります。タイ人1人の採用単価が1万円を切っています。

ぜひタイ人の採用に活用してください。

(2016年12月18日 文・写真/遠藤誠)

遠藤誠プロフィール
https://www.youtube.com/endomakoto
1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。


シェアしてタイ情報を拡散

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

遠藤誠。愛称エンディ。タイ王国専門ジャーナリスト。1987年よりタイコミュニティーに携わったことからタイ専門情報誌「月刊ワイワイタイランド」を創刊。タイの笑顔を求めて旅をしながら写真を撮り続ける。ローカルグルメや非日常の体験などこだわりのある旅の楽しみ方を発信するタイ専門のトラベル・ジャーナリストでもある。雑誌、新聞、テレビ、ラジオ、ユーチューブ、ウェブサイトなどへの寄稿、講演などを通して、新たなタイの旅先の提案をしている。毎月「月刊ワイワイタイランド」で最新の写真と面白い旅先の紹介を見ることができる。